【予約終了】WEARABLEARTS x Anne Suzuki

佐藤繊維の新たなコラボレーション企画が始動することとなりました。

「WEARABLEARTS x Anne Suzuki」

Autumn Winter 2021シーズンよりデビューしたWEARABLEARTS(ウェアラブルアーツ)が
俳優・鈴木杏さんとのコラボレートコレクションを発表いたします。

 


 

 

鈴木杏

俳優
1987年4月27日生まれ、東京都出身。

96年にTVドラマデビュー。以後、テレビ、映画、舞台などで活躍の場を広げる。
03年に「奇跡の人」で初舞台を踏む。
12年に映画『軽蔑』にて第26回高崎映画祭最優秀主演女優賞、
16年に『イニシュマン島のビリー』、
『母と惑星について、および自転する女たちの記録』にて
第24回読売演劇大賞最優秀女優賞、20年に『殺意 ストリップショウ』、
『真夏の夜の夢』にて第28回読売演劇大賞 大賞・最優秀女優賞、
第55回紀伊國屋演劇賞個人賞、第71回芸術選奨文部科学大臣新人賞など、
受賞歴多数。

アーティスト活動として、イラスト&エッセイ集「すきま」を
クラウドファンディングにて出版、
「いんすぴ・これやん展」、「第22回NHKハート展」などに出品している。

 


 

鈴木杏さんと佐藤繊維の出会いは2020年、早坂香須子さんが繋いでくださいました。
いつも仲良しの早坂さんと鈴木さん。

そんなお二人が佐藤繊維へ見学に来て下さり、山形での食事や観光を経て、短いながらも親交を深めて参りました。
その「お礼に、」と杏さんが送って下さった1冊の作品集。
ここからこの企画が動き出すことになります。

この作品集に感銘を受けた佐藤正樹は鈴木杏さんの絵をニットに描き起こすことにしました。
その全てがこまやかで、そして繊細なタッチで描かれた鈴木杏さんの作品たち。

一方でその鮮やかな色使いは今にも動き出しそうなほどエネルギッシュです。
試行錯誤の末に出来上がった杏さんの愛犬「ダンデ」、そして「オルテ」と名付けられた
ヒツジのイラストがニットウェアとなり、
この度「WEARABLEARTS(着られるアートたち)」として皆様にお披露目することとなりました。

たくさんの糸、色を「インターシャジャガード」と呼ばれる高度なテクニックで丁寧に
仕上げられたこのコレクションは完全受注生産という形でご注文を下さった方々だけに
お送りする特別なコレクションとなります。

 

 

DANDE Pullover / ダンデ・プルオーバー

杏さんのパートナー・ダンデちゃんが描かれたプルオーバー。
身幅を少し広く、着丈は短め、袖丈は少し長めに。
柄にもシルエットにも個性が溢れるハイゲージニットは裾と袖口、そして
ダンデちゃんの眼の色のターコイズカラーがアクセント。

 

ORTE Pullover / オルテ・プルオーバー

杏さんの作品集に現れるヒツジ・オルテ。
このイラストをニットで表現すると紫陽花のような綺麗な色味に仕上がりました。
ジェンダーレスに着て頂けたら、との思いからオルテのプルオーバーはロング丈に。
タイトなパンツ、ショートパンツなど様々なボトムスにも合わせやすいニットです。

 

「佐藤繊維として」使用する素材にもこだわりました。
それぞれのプルオーバーのベースとなるのは高級スーツにも多用されるSuper 120’s /スーパーファインメリノウール。
なめらかかつ、しなやかなさわり心地と品の良い光沢感が特徴です。
杏さんのイラストをニットで再現する為に使用されたのは佐藤繊維の代表的なモヘヤ糸・フウガ。
毛足のあるモヘヤ糸は立体感を演出し、様々な色を使うことで奥行きにもこだわりました。

 

 

RAINBOW Leg Warmer / レインボーレッグウォーマー
RAINBOW Knit Cap / レインボーニットキャップ


どちらのプルオーバーにも使用されている
レインボーカラーが特徴的なモックネック。
8色のオーストラリア産メリノウールを
編み上げることで生まれた綺麗なミックスカラーは
杏さんのお気に入りとなり、アクセントではなく
主役とした2アイテムを展開することとなりました。

色の沈みがちな時期に彩りをもたらす
レッグウォーマーとニットキャップ。
寒くなる時期の「冷えとり」にきっと役に立つレッグウォーマーは、
適度なフィット感を持ち、伸ばしても良し、くしゅくしゅとさせて
足元にボリュームを持たせても良しのアイテムです。

防寒性だけではなく、快適性も考慮して選ばれたウールは
エクストラファインメリノ。
美しい光沢感と共に、しっとりとなめらかな肌ざわりは
「ウールのニット帽」に持たれがちな「チクチクしそう」という
イメージを覆すはずです。
どちらのアイテムもご自宅でのお洗濯(手洗い)が可能です。

 

ご自身で洗い、お手入れをして、永くお使い頂けたら大変嬉しく思います。

 


 

「WEARABLEARTS x Anne Suzuki」の商品一覧はこちら

 


Back Next